個人再生と任意整理に違いとは?

消費者金融からお金を借りるのは抵抗があっても、カードのキャッシング枠でお金を借りるのは平気、と言う人が増えています。
キャッシングは借金と変わりありませんよ。
安易なキャッシング枠の利用は借金地獄の始まりになります。

 

もしあなたが、既に借金地獄に足を踏み入れてしまっているなら、今すぐ債務整理をしましょう。
判断基準としては、年収の半分以上の借金をしていたらアウトだと考えてくださいね。
年収が400万なら200万の借金で危険信号です。年収が250万なら125万の借金でヤバくなります。

 

そんな借金地獄で危険信号だったりアウトだったりするあなたにおすすめするのが、債務整理です。
債務整理を行うと今ある借金が減らせるんです。
借金が減らせるのを拒む理由が何かあるでしょうか?
返済がつらい借金を持っているなら、債務整理を拒む理由は何も無いですよね。

 

ここでおすすめする債務整理は個人再生と任意整理です。
個人再生を実現させると、信じられないことに借金を5分の1、または10分の1に減額するんです。
1000万の借金が200万になりますし3000万の借金が300万になってしまうんですよ。
借金が500万なら100万に減りますね。
完済なんて無理だと絶望している人も、これだけ借金が減るなら完済出来るような気がしませんか?
借金地獄から抜け出したいなら個人再生が一番ですね。

 

ただ、この個人再生には利用条件があるんです。
近い将来に経済的に困窮し、破産するのが確実な証拠を提示しなければなりません。
仕事の収入や現在持っている貯金などをすべて開示して、裁判所に破産する可能性が高いと判断されないといけないんです。
さらに、収入が安定した職業に就いていることも求められます。
減額して残った借金を、確実に返済できる収入が無ければ個人再生は認められないんです。

 

次に任意整理ですが、借金の大幅な減額は出来ません。
ただし、将来発生する利息をカットする効果があります。
任意整理をすると残った借金を3年で返済するのが原則となります。その3年間は利息が発生しないように出来るんです。
利息が無くなれば返済の負担はかなり減りますよね。精神的にも安心できます。
個人再生と違って利用条件は無いので、無職の人でも利用可能ですよ。

 

どちらの債務整理が適しているかは状況によりけりですが、専門家のアドバイスを受ける方が良いですね。
弁護士や司法書士に相談してみると的確な提案をしてくれるでしょう。

個人再生のメリット、デメリットと費用

個人再生についてじっくりと解説したいと思います。
1000万以上の大金を借金している人にも有効なので、ぜひ読んでおいてください。

 

債務整理の手段である個人再生ですが、まずはメリットから紹介して行きますね。
1番のメリットは借金の減額効果が高いことが挙げられます。
減額効果は金額によって細かく決められていますよ。

 

借金が100万以上500万未満なら、最大で100万で減額出来ます。
500万を100万に、300万でも100万に減額となりますね。
借金が500万以上1500万未満なら、原則として5分の1に減額します。
1000万なら200万になりますし、1500万なら300万です。
借金が3000万以上なら、10分の1まで減額されるんですよ。

 

メリットはまだまだありますね。
個人再生の手続きを開始した時点で借金の取り立ては一時的に停止します。
そのため、数ヶ月の間は借金の返済に悩まなくて良くなりますよ。
残った借金の返済は3年から最長で5年の期間が貰えるので、ゆっくりと返済して行けるのもうれしいメリットです。
ちなみに、この返済中は利息がカットされています。
なので利息で借金が増えていく心配が無いんです。

 

さらに、自己破産と違って財産を処分する必要がありません。
自宅や自動車を売却したり、高級な家電等を売却したりしなくても良いんです。

 

すさまじいメリットがある個人再生ですが、デメリットもいろいろとあります。
最初に認識しておきたいのが、利用するにはいくつかの条件がある点です。
近い将来に破産する危険性があるのを証明しなければなりませんし、安定した収入があるのも必須になります。
無職は論外になるので、主婦なども個人再生が利用出来ないんです。
自営業で収入にバラつきがある場合も認められにくい傾向があるので要注意ですね。

 

次のデメリットはブラックリストに登録される点です。
登録期間は7年前後とされており、その間はローンを組むのが出来なくなりますし、クレジットカードを作れなくなってしまいます。
ネットショッピングでカードが使えないだけでなく、水道光熱費の支払い等が自動処理できなくなるので日常生活がそこそこ不便になるでしょう。

 

最後に費用の問題です。
個人再生を行うには、20万から30万程度の費用が掛かってきます。
貯金が残っていれば問題は無いでしょうが、生活が困窮しているなら捻出するのが難しい金額となっていますね。

 

個人再生には大きなメリットとデメリットが混在しています。
一長一短ではありますが、借金生活を抜け出す効果は大きいでしょう。
自己破産と比べて財産を残せる点もポイントになりますよ。

任意整理のメリット、デメリットと費用

個人再生よりも減額効果が劣る任意整理ですが、こちらにもメリットは存在しています。
任意整理を利用する方が将来的にメリットが大きくなる人も居るので、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。

 

任意整理のメリットは、気軽に誰でも利用できる点ですね。
複雑な利用条件が無いので、主婦でも無職でもフリーターでも任意整理を行えます。
経済状況なども関係ないので、債務整理の中でもポピュラーな位置付けになっていますよ。

 

別のメリットとしては、将来の利息カットが大きな要素となりますね。
どのように利息カットするのか不思議に思うかもしれませんが、意外とあっけない理由です。
その理由とは、お金を貸している債権者にお願いするだけなんです。
債権者側は会社の利益となる利息をカットするのを許可しないように感じますが、借金している債務者側が破産してしまうと元金すら回収できなくなるのでOKしてくれるんです。

 

次に費用が安いメリットもありますよ。
弁護士だと7万ぐらいになってしまうかもしれませんが、司法書士であれば3万程度で任意整理が行えます。
個人再生が20万から30万掛かるのに比べれば、経済的に優しい債務整理の方法ですね。

 

こうしたメリットに対して、どのようなデメリットがあるのか見てみましょう。
認識しておきたいデメリットは、借金の減額効果が低い点です。
借金が300万あった場合、今後の利息カットは行えますが、今ある借金は減らない可能性が高いです。
過払い金があれば少しは減るかもしれませんが、そこに期待し過ぎるのは危険ですね。

 

任意整理を行うとブラックリストに名前が記載されてしまいます。
ブラックリストの登録期間は5年です。その間は新しい借金が出来ませんし、クレジットカードも作れません。
個人再生と比べると2年か3年ぐらい、ブラックリストの登録期間が短いので、考えた方を変えればメリットにも転じるかもしれません。

 

借金の状況や収入によっては個人再生よりも任意整理を行う方が、後々に受けるデメリットが少なくなるケースも存在しています。

 

個人再生と任意整理を純粋に比べるなら、個人再生の方が効果は優れています。
ただし、その分受けるデメリットも強いので、よく考えて利用する方を選びましょう。
デメリットが嫌だからと言って任意整理を選ぼうとしても、5年以内に完済できる収入を持っていなければ債務整理は完了しないので注意してくださいね。

 

どちらを行うにしても弁護士や司法書士の手助けが必要になるので、無料相談で話を聞いてみましょう。